八王子で家を売るなら、競争原理を発生される!

 

八王子でマンション・戸建てなど家を売却しようと思っている・・・・

 

となると、当然、不動産業者さんへお願いするはずです。

 

「とりあえず、家の近所の不動産屋さんに任せればいいんじゃないの?」

 

それでもいいのですが・・・不動産業者選びを間違えると

 

数百万円以上の大損失!になる恐れがあります!!

 

「でも、八王子を含め、都内には複数業者がいて、依頼先がわからない!」

 

安心してください!

 

  1. わずか60秒で入力!
  2. 複数の業者に競争してもらい
  3. 悪徳業者は排除!

 

それが無料の不動産の一括査定サイトサービスです。

 

ライバル同士競争してもらい、あなたにピッタリの”担当者さん”も見つけることができます。

 

買主探しを一緒に手伝ってくれるパートナーさんですから、複数比較しましょう♪

 

イエイ

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

【特徴】

 

  • スマホorPCで60状かんたん入力
  • 無料で利用できる
  • 1000社以上た厳選された最大6社
  • 悪徳業者を排除!
  • お断り連絡も代行もOK!

 

 

【公式】→https://sell.yeay.jp/

 

八王子市の魅力&特徴をご紹介!

 

東京都の多摩地区南部にある八王子市は、東京都で唯一の中核市に指定されていることが特徴的です。

 

中核市とは地方公共団体のうち政令による指定を受けた市で、指定要件は法定人口20万人です。首都圏の代表的な中核市としては柏市や越谷市、横須賀を挙げることができます。

 

八王子市は人口はおよそ58万人で、東京都で6番目に人口が多い市区町村です。面積は186平方キロメートルで、奥多摩町に次ぐ2位となっています。ちなみに東京都で一番狭いのは台東区の10平方キロメートルです。

 

八王子市にはかつて八王子城があったため、江戸時代には江戸を守るための軍事拠点としての役割を担っていました。

 

さらに、明治維新以降は織物産業が繁栄したうえに秩父や山梨などの山間地域と横浜などの海浜地域をつなぐ中継地としても機能していたことも特徴といえます。

 

現在でも、東京都心や横浜、川崎、さいたま新都心など主要な駅へ1時間前後で行けることが大きな魅力となっています。

 

1960年代以降には、工業団地や多摩ニュータウンなどの大規模な住宅群が建設され、人口が著しく増加しました。

 

八王子駅前には商業ビルやオフィスビルが立ち並んでいますが、郊外は緑豊かな丘陵地帯に囲まれていて、四季折々の美しい自然を鑑賞できることが魅力です。

 

八王子市の南西部には、東京都心からも気軽に行ける山として外国人にも認知されている高尾山があり、たくさんの観光客で賑わっています。

 

 

 

 

不動産Q&A

 

八王子の女性

 

不動産査定は一括査定が便利なの?どんなサービス?

 

不動産査定に関しては、一括査定サービスが非常に便利です。

 

資産価値といっても、素人が判断することは極めて困難な要素がつきまといます。中にはそうした事情に付け込んで、安く買い叩こうとする業者も珍しくありません。

 

それを防止するものこそ、正しい相場感覚です。市場における適切な価格を知ることで、利益の大きい取引もできるようになります。

 

それには何回も八王子市内の不動産査定を受けて、平均値を探ることがもっとも有効です。現実的には、複数の業者を渡り歩くことなどできませんから、一括査定サービスの利用が最適解になります。

 

これらはインターネットから申し込むことができ、スムーズに結果の表示まで行き着くことが可能です。

 

まずは不動産査定を依頼したい八王子市内物件の情報を、きちんと自分で把握しておきましょう。

 

次に、一括査定サービスのサイト上で、必要項目を正しく埋めていきます。別に時間制限などはありませんから、記載ミスのないよう、慌てず打ち込んでいくことがポイントです。

 

そして査定開始を選ぶことで、八王子市内専門業者が算出した不動産査定の結果が、複数表示されます。

 

あとは自分の好みに合ったものを選んで連絡をとれば完了です。一括査定サービスを活用して、満足の行く取引を実現させていきましょう。

 

不動産査定・売却で必要書類一覧は何?

 

不動産査定と売却の手続きで必要な書類には様々なものがあります。

 

売主本人を確認するための書類としては身分証明書や実印、印鑑証明書、住民票が必要です

 

八王子の物件が共有名義になっている場合には共有者全員の書類が必要になります。

 

共有者が遠くに居住しているため本人確認書類を集めるのに時間がかかる場合も存在します。

 

住民票は登記簿に記載された住所と実際の住所が異なる場合に必要となります。

 

印鑑証明書と住民票には発行から3か月以内という有効期限があるので注意が必要です。

 

本人確認書類以外の必要な書類としては登記済証を挙げることができます。

 

登記済証はいわゆる不動産の権利証です。登記名義人に交付され、名義人が真の所有者であることを証明する際に必要となります。

 

物件を平成17年以降に取得した場合には、登記済証ではなく登記識別情報が交付されています。

 

実際の売却手続きでは登記済証を買主に渡し、移転登記が行われます。

 

固定資産税納税通知書と固定資産税評価証明書も、納税額を確認したり移転登記を行う際の登録免許税を計算するために必要となります。

 

不動産査定・売却にあたっては最新のものを準備することが求められます。その他にも土地測量図や境界確認書、建築確認済証、マンションの管理規約などが必要となる場合があります。

 

相続した実家の売却をしないで相続不動産の放置するとどうなる?

 

相続した実家は相続をした人たちの共有になっています。

 

仮に相続人が4人なら全員に共有の持ち分があります。実家を売却するには、
相続人全員が遺産分割協議書を作成して、相続人代表を選出しておくべきです。代表が選出されていますと、スムーズに売却手続きが行えます。

 

売却するには登記事項証明書が必要です。登記事項証明書には相続人代表者が記載されている必要があります。

 

つぎに役所で不動産評価証明書を貰ってきます。不動産評価証明書の名義人も相続人代表者が記載されていることが大切です。

 

売却には各証明書の写しと原本とを携えて、地元の不動産業者に売却の仲介を委ねます。

 

相続した実家を名義変更しないで放置したままにすると、役所は亡くなった相続される人へ固定資産税請求書を送ることになります。

 

放置したままですと、来年の1月1日時点の不動産所有者名義は、亡くなった人のままになります。そして固定資産税が支払われずに放置しますと、
役所はある期間を区切って調査をします。調査しても不明の場合は、役所側が協議して不動産を不払い税金の現物として国庫に納める手続きをします。

 

このように売却の場合は登記名義人の変更が急がれます。また放置したままにすると、いずれは国庫へ不動産を納めることになってしまいます。

 

どうなるかは、相続をした人の目的と手法によって決まります。

 

 

自宅マンションを売る or貸す※どっちがいい?

 

転勤や様々な理由で住まなくなった、自宅マンションを売る場合、貸す場合どっちが良いのかと考える人は多くいます。どちらにしてもそれぞれ、メリット、デメリットがあります。どちらを選ぶのが良いのかは、それぞれの人の考えによって違ってきます。売る場合のメリットは、大きな金額がまとまって入って来る事、固定資産税が掛からなくて済むことが挙げられます。デメリットは、大きな金額が入ってくると、収入に対する税金が大きくなります。所有するマンションの築年数やアクセスの良さ、環境などにもよりますが、思っていたよりも安くなってしまうことが多いです。また、大きな金額の買い物となるため、買い手がすぐに決まらないことが多いです。貸す場合のメリットは、売ることよりも金額が小さくなるため、ハードルが低くなり、借り手が早く見つかることが多いです。また、貸しながら、人気が高くなった場合、売ることもできます。デメリットは、所有は貸し手となるため、何かが壊れた場合、貸主が自費で修理をしなければならないことがあります。健全に住むための環境にしておくのが貸し手の役目なので、思っていたより修繕にお金が掛かってしまうことも良くあります。

 

 

不動産売却の専属専任媒介(専任媒介)一般媒介の違い

 

不動産売却を検討するのであれば、専属専任媒介契約と一般媒介契約との違いを理解しておく必要があります。専属専任媒介契約は一社の仲介業者のみに不動産売却を任せることになります。そのために、他の業者が条件の良い形で買い手を見つけたとしても、勝手にその業者に任せて売却することはできません。ただし、他の業者が専属専任媒介契約を結ぶ業者に買い手を紹介するという形であれば可能となります。けれどもこの場合、仲介手数料は両方の業者で折半ということになります。そのために、仲介業者によっては他社からの紹介を断るところもあります。そこで複数の業者の中で高い金額での不動産売却を行える一般媒介契約を選ぶという選択肢もあります。これは専属専任媒介契約とは違い、どの業者でも仲介業務が行えるのが特徴となります。より条件の良いところを選べるメリットはありますが、基本的には積極的に宣伝活動は行いません。コストをかけて宣伝しても、他社との契約が決まれば無駄な出費となるからです。多くの需要が見込めるエリアであれば、一般媒介契約でも構いませんが、そうでないとしたら売却できるまで時間がかかります。この様な違いを理解した上でどの方法を選ぶかが重要と言えます。

 

 

イエイ

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

【特徴】

 

  • スマホorPCで60状かんたん入力
  • 無料で利用できる
  • 1000社以上た厳選された最大6社
  • 悪徳業者を排除!
  • お断り連絡も代行もOK!

 

 

【公式】→https://sell.yeay.jp/